美味しいもの

寒い季節になってくると食べたくなるものの一つにおでんがありますよね^^。

寒い中、暖かいお家の中で食べるおでん・・・癒されますね。

今回はそんな日本人の冬には不可欠なおでん・・・ダイエットにプラスになるべ方についてかんがえていきたいと思います。

おでんの具で思い浮かぶのは、タマゴ、はんぺん、さつま揚げ、大根、昆布、こんにゃく、しらたき、牛すじ、つみれ、厚揚げ豆腐、などですかね・・・。

おでんの具には、カロリーが高いもの、そしてカロリーが(非常に)低いものが入り混じっていますね。

上述の具の中でいえば、揚げ物、練り物系は基本的に高カロリーであったり、身体に脂肪を溜めやすかったりするものが多いです。

揚げ物、練り物系はおでんで食べても美味しいですが、別の調理法でも、あるいはそのまま食べても美味しいものですよね。

でも、大根、こんにゃく、しらたきなどは、そのまま食べてもさほど美味しくはありませんが、おでんにすると、美味しく食べることができます。

低カロリーな、でも、美味しくないから中々食べない食材をおでんという形であればご馳走として楽しむことができます。

ですから、具材、食べ方を工夫すればおでんは、優秀なダイエットとなるわけです。

おでんはシンプルな食べ物ですから、ウォーターサーバーの美味しい天然水を使うなどこだわってみると、更に美味しさが増すと思います。

調理法もいたって簡単ですし、冬であれば1回作ってしまえば数日はおでん三昧で楽しめ、料理をさぼることもできます。※食中毒などには皆様個人で十分に気をつけていただきたいとは思いますが
今年の冬はおでんを上手に活用し、スリムに乗り切ってほしいと思います。